メニュー

辺見設計|福島県白河市の建築工房「作楽」

BLOG

新潟市Kこども園落成式

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年07月17日(土)

この度設計に携わりました新潟県のKこども園の落成式に社長・会長・会長の奥様・新潟スタッフの広井が出席いたしました。

無事に竣工を迎え、開園して実際に園舎を利用している様子も見ることができ胸がいっぱいです。

感謝状を頂きました。ありがとうございました。

210717 10

 

 

 設計・監理者挨拶の方を会長の方から述べさせていただきました。

210717 10

 

▼チャレンジコーナーが一角にある遊戯室

210717 10

 

▼絵本の小道とギャラリー

210717 10

 

▼2階(3~5歳児室)

210717 10

 

▼絵本の小道とギャラリーの吹抜け空間

210717 10

 

▼2階(3~5歳児室)に面したデッキテラス

210717 10

 

▼園庭と園舎 2階からのデッキテラスから園庭の築山へ外部の階段がつなぐ

210717 10

 

建具の腰板を60cmで提案され低いのではないかと不安に思っていたりもしたが、子どもたちの目線に合わせて考えられた高さだとわかって納得したことや、玄関に隣接して調理室が見えるつくりとなっている為、子どもたちは散歩から帰ってくると窓から覗き込んでいる様子が日常的にあるなどのお話しを園の方から伺えました。

園庭の泥んこ遊び場がこどもたちの一番人気の遊び場となっているそうです。

 

210717 10

 

理事長先生から、園舎はこどもたちもスタッフも喜んでいて、休むこどもがいない事に驚いているとのお話しをお聞きしました。

先生方も明るく伸び伸び保育でき、目線が行き届く園舎で、子供達は安心し先生方は管理し易いそうです。

 

先生もこどもたちも使い易く、楽しい園舎が完成して感無量です。

今後もそういったこども園づくりに携わっていければ幸いです。

プロポ三昧の日々に活力を

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年07月15日(木)

設計コンペやプロポーザルに挑むことは非常に勉強になり、自分たちの血となり肉となる行為でもあります。

ただ、体力がないとなかなか乗り切るのが難しい長期的な戦いとなってきています。

連日プロポ三昧の辺見設計では、こうして終了後にごちそうをおなかに蓄え、また戦いに挑みます。

分厚いステーキは国産の牛ヒレ肉。

会長のお姉さまと奥様が事前に準備をして下さり、ごちそうして頂きました。

スタッフは夢中になって肉を食らい、夕暮れには蛍の劇場を鑑賞しました。

あっという間のひと時だったため、序盤の煙を上げて焼かれるステーキの写真だけが保存されていました。

210715 1

 

しらかわリノベ義塾

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年07月07日(水)

白河市の中心市街地活性化事業の一環で「しらかわリノベ義塾」が本日開催されました。

ハバタク株式会社 代表取締役 丑田俊輔さん、株式会社ブルースタジオ クリエイティブディレクター 大島芳彦さんが講師に招かれ「遊びと学びとまちづくり」をテーマに、実践講座公開事前セミナーが開催されました。

 

210707 2

 

 

210707 2

講師の丑田さんの秋田県五城目町で実際に取り組んでこられたリノベ事例や、教育への考え方は非常に参考になるお話しでした。

白河で実際行える事業や活動のイメージも視聴した皆様は膨らまれたかと思います。

 

この実践講座を受けて何か胸に響いた方や、興味がある方はぜひ8月に行われるまちづくり実践講座にお申し込みください。

 

http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/dir007208.html

 

実践講座ポスター

 

弊社の方も陰ながらこのプロジェクトにかかわらせていただいております。

よりよい、すみよい街として中心市街地の賑わいに少しでもお力になれればと思っております。

 

走り梅雨の川谷

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年05月16日(日)

住宅の打ち合わせでお施主さまと川谷に訪れたら、なんと、新緑が深まっていました。

葉が重なり合い、深みをました庭は木が住宅側に覆いかぶさってくるようにも感じました。

 

210521 3

中央の煙は、会長が剪定した木の枝が燃やされているから立ち上がっているものでした。

 

210521 3

白河石の敷き詰めた庭空間は朝露に濡れ、情緒を感じる庭としてより一層変化していました。

 

210521 3

 

こちらは、ブナの実です。井戸の水が湧き出ている石桶に浸かっていました。

水に濡れた緑は艶を増し、些細なワンシーンにも清涼さを感じることができました。

ヒメマスフライのランチ

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年04月08日(木)

最近の会長はひたすら沼沢湖に訪れています。

その理由は…ヒメマスです。

 

本日事務所の職員は川谷でヒメマスランチをごちそうになりました。

 

210418 005

 

揚げ物の油跳ねを防げる魔法のような道具です。最近はいろいろな調理機器が発売されていますね。

210418 005

 

 

210418 005

 

天気は晴れていて、おひさまの下でヒメマスをフライにしているランチの時間はとても充実して過ごせました。

 

210418 005

 

切り身に自ら衣をつけ、キツネ色になるまで待ちアツアツの揚げたてを頬張りました。

 

210418 005

ヒメマスの長さは大人の顔の大きさ程あり、とても食べ応えがありました。

なかなかありつけないお魚ですが、一度食べたら味が忘れられなく、またすぐに食べたくなるほどでした。

会長にはいつもスタッフの分まで釣り上げてきていただいて感謝しています。

 

210418 005

 

最後に川谷の庭のせせらぎ近くの植栽を撮影。

春に向けて草花は準備を整えているようでした。

作楽の芽吹き

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年04月07日(水)

3月に植栽した事務所の桜の前の木々です。

こちらも芽吹きはじめ、色とりどりの花が咲き競う季節がもう目の前まで迫ってきているのだなと感じています。

210310 3

△2021年3月10日時点

 

210310 3

△2021年4月6日時点(27日経過)

 

通りかかる際にはぜひ気に留めて覗いてみてください。

 

川谷春の芽吹き

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年04月06日(火)

春の日差しが心地よい毎日でございますが、ブナの木々は芽吹きはじめいよいよ新年度のはじまりが訪れて参りました。

川谷で芽吹いていた木々や草花をほんの少しですが撮影してきました。

 

210406 7

 

 

 

210406 7

△開いていないクマガイソウ

 

210406 7

△エゾノリュウキンカ

 

210406 7

△ショウジョウバカマ

 

210406 7

△ヒトリシズカ

 

また野草の勉強をしにお邪魔させていただこうと思います。

祝 辺見設計設立30周年

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年03月15日(月)

平成3年(1991)に設立した有限会社辺見美津男設計は社名を改め有限会社辺見設計となり、今年で設立30周年を迎えることができました。

この節目を迎えることができましたのも、ひとえに皆様方の温かいご支援、ご協力をいただいたからこそと深く感謝しております。

皆様には、これまで同様に変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

お祝いに夕食は会長の奥様お手製のちらし寿司でした。

春らしい具をちりばめた華やかなちらし寿司は甘く優しいお味でした。

210315

作楽前植栽

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年03月10日(水)

暖かく過ごせる日も増えてくる今日この頃。

事務所作楽の前では何やら土を掘り返し、春を迎える準備をしていました。

210310 4

 

会長とスタッフそして設備やさんの三人で力を合わせて大きな株立ちを植栽しました。

210310 4

旧奥州街道でもある田町のメイン道路は白河バイパス整備事業により拡幅されます。

丁度交差点の分岐地点に当たる作楽の植栽は通行する人々の目に留まり、信号待ちの間車に乗っている人々にも癒しを与えることができる景観にもなっています。

 

210310 4

 

芽吹きの春が待ち遠しいです。

ステンドグラス打合せ

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年02月10日(水)

210220 007

 

210220 007

 

 

 

210220 007

 

 

本日は宇都宮にある有効会社 アトリエ テンさんと一緒に、住宅の一部に取り入れるステンドグラスの打ち合わせを行いました。

建て主が持参した写真のイメージからデザイン画(スケッチ)を描いていただき、実際に構成されていくガラスの調整を行っていました。

 

住宅は建て主の要望が反映され、より特徴や個性を持ったものへと近づいていきます。

共に想いを叶えていけるように今後も務めて参りたいと思います。

 

▼有限会社 アトリエ テン

〒320-0808 栃木県宇都宮市宮園町2-5

Tel 028-636-5759    Fax 028-636-6079