メニュー

辺見設計|福島県白河市の建築工房「作楽」

BLOG

事務所「作楽」の板塀塗装

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年10月05日(月)

こちらの写真は13年前に撮影された改修後の作楽の外観です。

明るい木の色と真っ白な漆喰壁が真夏の青空の下で映えています。

07.9.8 1

その翌年には色合いが落ち着き変化しています。

もともとのクリア塗装にさらに色の塗装を塗足していたようです。

08.8.27 3

 

08.8.27 3

 

08.8.27 3

 

9年前の作楽全景です。優しい落ち着いた風合いは4年経った年月とメンテナンスから生まれました。

11.12.19

 

そして9年後の今年。

先日の土日に社長とスタッフ3人の計4人で板塀の塗装を行いました。

 

まず、9年分の蓄積された表面の汚れやカビをやすりを使って落としていきました。この下地処理の工程を入念に行うことで、木部の表面に塗料が染み込みやすくなります。

 

yasuri3

 

yasuri3

 

yasuri3

想像以上の時間と耐力を奪われました。

 

yasuri4

 

色の違いは歴然です。

 

buroa

 

 ブロアーで風を送り、やすった削りカスを吹き飛ばしていきます。

 

sannsuitawasi

 

sannsuitawasi

 

水を掛け、たわしを使って丸洗いしていきます。

こすり洗いを行うことでカビがきれいに落ちました。

 

tosou

 

塗料はグレー系のトーンが低い色味のものです。抜群の浸透性で、木目を際立たせる仕上がりが美しく、ごく薄い塗膜が木肌の感触を生かしています。

 

kannsei

 

塗装完成です。年月とともに何度も表情を変える作楽は、少しの手を掛けることによってまた生まれ変わりました。

ぜひ事務所にお立ち寄りの際には眺めていってください。