インフォメーション

【木の建築大賞・メンバーズチョイス賞を受賞】

2017.4.19.

第12回木の建築賞にて、辺見美津男設計室オフィスの「作楽」が大賞・メンバーズチョイス賞を 受賞し、NPO「木の建築44号」に掲載されました。 当社は112年前の政府指定の米蔵を改修しており、1階は子育て支援、 2階は建築設計事務所としてリノベーションしております。 授賞式は東京大学農学部弥生講堂で5月28日(日)13時から行われます。
【木の建築44号掲載ページ】

news_2017.4.19

【JIA北陸支部主催講演会で講演】

2017.3.26.

2017年3月24日に、JIA北陸支部主催の講演会のご招待いただきました。
辺見設計室流の勝つプレゼンテーションの考え方や経験談、
大企業相手の戦い方など経験を踏まえたお話をしてまいりました。
【講演会のパンフレット】

news_2017.2.21

【熊本地震で被災した熊本県小国町にて復興への意見交換】

2016.6.15.

平成28年6月15日の福島建設工業新聞に、熊本地震で被災した熊本県阿蘇郡小国町に
県WOOD・ALC推進協議会から技術支援のため人材を派遣した記事が掲載されました。
約8割を森林が占める小国町では地元木材を有効活用する新たな木質建材である
WOOD・ALC(厚板集成材)に着目し、同会に意見交換を要請されたようです。
東日本大震災の復興で、買取型復興公営住宅設計で経験を積んだ当社からは、
いち早い地域復興と地元木材を利用した地域雇用経済の活性化などに役立てて欲しい
願いを込めて、辺見美津男みずからが参加してきました。

news_2016-6-15

【二本松市立 とうわこども園 第36回東北建築賞 作品賞を受賞】

2016.3.14.

平成28年3月14日、一般社団法人 日本建築学会 東北支部が主催している第36回
東北建築賞にて、当社が設計した「とうわこども園」が作品賞を受賞いたしました。
震災以降、福島県は大変困難な時期を過ごしてきました。
子どもたちが過ごす大切な時間と空間、地域を強く意識した意匠、こども園とつながる
全ての人への想いを高くご評価いただいた事を大変嬉しく思っております。
【一般社団法人 日本建築学会東北支部 ホームページ】

touwa_3_14_250x150px

【とうわこども園 第32回福島県建築文化賞優秀賞を受賞】

2016.1.28.

平成28年1月15日、福島県二本松市の当社が設計した
「とうわこども園」が第32回福島県建築文化賞優秀賞を
受賞し二本松市役所内で表彰式がとり行われました。
式典後に二本松市長を始め、受賞された建築家の皆様と
共に記念撮影いたしました。新聞記事は「建設工業新聞」
平成28年1月20日(水)に掲載され、写真は授賞式後に
記念撮影したものです。

ceremony_2016-1-15