メニュー

辺見設計|福島県白河市の建築工房「作楽」

BLOG

ステンドグラス打合せ

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2021年02月10日(水)

210220 007

 

210220 007

 

 

 

210220 007

 

 

本日は宇都宮にある有効会社 アトリエ テンさんと一緒に、住宅の一部に取り入れるステンドグラスの打ち合わせを行いました。

建て主が持参した写真のイメージからデザイン画(スケッチ)を描いていただき、実際に構成されていくガラスの調整を行っていました。

 

住宅は建て主の要望が反映され、より特徴や個性を持ったものへと近づいていきます。

共に想いを叶えていけるように今後も務めて参りたいと思います。

 

▼有限会社 アトリエ テン

〒320-0808 栃木県宇都宮市宮園町2-5

Tel 028-636-5759    Fax 028-636-6079

 

薪ストーブ煙突掃除

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年11月28日(土)

冷たい那須おろしの風が吹きつけ気温が低くなってきた今日この頃。

事務所の薪ストーブは大活躍です。

ですが、薪を燃やせば必ず木タールやススが煙突に付着していきます。

煙突の中のすす掃除を行わなければ、煙突内が狭くなり煙がスムーズに排出されなくなってしまいます。

スタッフたちで煙突内の掃除を行いました。

201128 2

屋根の上にのぼり、直接煙突内部をブラシで磨いています。

201128 2

綺麗になった煙突からはもくもくと煙が出ています。

薪ストーブの中でゆらゆら揺れる炎を見つめているだけで心が落ち着き心地よい気分になれます。

201128 3

寒い冬を楽しく乗り越えられ、からだの芯から暖まることのできる薪ストーブは手間をかけてこそ万能です。

専念寺の特殊伐採見学

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年11月27日(金)

専念寺のお寺を取り囲んでいる樹齢100年を超す老木。

これらは、根がお墓を持ち上げてしまったり、台風などで枝が折れ、お墓を壊してしまうかもしれないので、伐ることになったのです。

周囲は民家に囲まれたお寺。

レッカーの大きさや可動領域などを把握しました。

山で行うように切り倒すことができない場所性にも考慮し、「吊るし切り」という方法で伐採されていました。

 

いざ伐採の瞬間となると、木にワイヤーを括り付ける為に、高い木にサクサクとよじ登りチェーンソーで真横に刃を入れる職人技を見ることができました。

最後に枝をそぎ落とすたびに代わる重心のコントロールはレッカーの操縦者とチェーンソー部隊とのチームワークを感じました。

なかなか見ることのできない現場に立ち会い見学できたことは大きな財産になりました。

 

今後も引き続きケガなどないよう安全に十分配慮して作業を進めて頂きたいです。

 

201127 12

 

201127 12 

 

201127 6 201127 6

 

201127 6

 

201127 6

秋の醍醐味と恒例の薪割り

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年11月14日(土)

201114 2

おやおや。なんの影だろうと振り返ってみるとそこには…

201114 2

軒先に干された干し柿が。他の乾燥食品と同様に古くは冬の保存食であり、秋口になると民家の軒先によく見受けられますよね。

201114 4

おすそ分けして頂き、実食しました。今までに食べたことがないほど糖度が高く、肉体労働の後の休憩には染み渡りました。

201114 4

(夏のアトリエから庭を見た時の景色)

 

201114 7

 

201114 7

 

201114 7

 

大物の欅は重く、ヘトヘトになりながらもなんとか薪割り機の上に載せ、細かくしていきました。

途中、両断する刃に挟まってしまい、抜けなくなることも多々ありましたが、後半は慣れスムーズに割ることができました。

まだまだ、今年度中に割ることになりそうなのでまずは満杯になってしまった薪を事務所に運ぼうと思います。

 

 

秋の彩り

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年11月12日(木)

201112 1

川谷に薪を取りに来た際にふと足元を見ると、敷きならべた白河石の上に鮮やかな彩りが添えられていました。

秋を告げる紅葉の葉のメッセージをさりげなく受け取りました。

事務所「作楽」の板塀塗装

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年10月05日(月)

こちらの写真は13年前に撮影された改修後の作楽の外観です。

明るい木の色と真っ白な漆喰壁が真夏の青空の下で映えています。

07.9.8 1

その翌年には色合いが落ち着き変化しています。

もともとのクリア塗装にさらに色の塗装を塗足していたようです。

08.8.27 3

 

08.8.27 3

 

08.8.27 3

 

9年前の作楽全景です。優しい落ち着いた風合いは4年経った年月とメンテナンスから生まれました。

11.12.19

 

そして9年後の今年。

先日の土日に社長とスタッフ3人の計4人で板塀の塗装を行いました。

 

まず、9年分の蓄積された表面の汚れやカビをやすりを使って落としていきました。この下地処理の工程を入念に行うことで、木部の表面に塗料が染み込みやすくなります。

 

yasuri3

 

yasuri3

 

yasuri3

想像以上の時間と体力を奪われました。

 

yasuri4

 

色の違いは歴然です。

 

buroa

 

 ブロアーで風を送り、やすった削りカスを吹き飛ばしていきます。

 

sannsuitawasi

 

sannsuitawasi

 

水を掛け、たわしを使って丸洗いしていきます。

こすり洗いを行うことでカビがきれいに落ちました。

 

tosou

 

塗料はグレー系のトーンが低い色味のものです。抜群の浸透性で、木目を際立たせる仕上がりが美しく、ごく薄い塗膜が木肌の感触を生かしています。

 

kannsei

 

塗装完成です。年月とともに何度も表情を変える作楽は、少しの手を掛けることによってまた生まれ変わりました。

ぜひ事務所にお立ち寄りの際には眺めていってください。

 

 

道具のメンテナンス

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月28日(月)

朝夕の気温が少しづつ下がり始め、田んぼの稲穂は秋の日差しに照らされ黄金色に変わり始めてきましたね。

季節はあれよあれよと過ぎもうすぐ今年も終わりが近づいてきました。

この時期済ませておきたい「草刈り」

 

今日は会長の指導の下、草刈り機の使い方、メンテナンスを教わりました。

まずは、刃の交換の仕方。

次に燃料の補充方法。ちなみに本日補充した燃料は会長の奥様が調合した混合油でした。

ホームセンターにも調合済のものは売っているそうですが、調合する際はガソリン:エンジンオイル(=50:1)の割合で混ぜ合わせるそうです。

最後に刈るときのコツを教わりました。刃がすぐにダメにならないような刈り方や、刈り取った草の置場など細かいコツを教わりました。

 

早速、午後一時間程度で事務所の裏の空き地はきれいに刈り取られました。

今後大事に使い続けていくにも道具のメンテナンスは大切です。

道具のことをよく理解してを丁寧に扱い管理していくことは、どの分野にも共通していることです。

忘れずに心がけていきたいと思いました。

 

IMG 0921

 

 

IMG 0928

 

IMG 0928

 

 

 

庭先に突然…

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月12日(土)

IMG 01391

庭先の会長が大事に管理している苔の上に、可愛らしいキノコがスポットライトを浴びて主役のように佇んでいました。

明朝会長の手によって抜き取られてしまいます。

なぜならこの可愛らしいキノコは毒キノコ。悪役だったのです。

主役のように思えて騙されてしまいました。

思いがけない手紙

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年09月08日(火)

omoi01

思いがけないお手紙を頂きました。

omoi02

実は、東中学校の学生より教育委員会を通して調査協力依頼を受けていました。

調査協力依頼の内容は校舎の耐震強度や、地震対策の工法、建築基準、配置計画などの質問に答える事でした。

 

omoi03

 

 学生たちが自らの学び舎に関心を持ち、調べ、改めて考えてみることで、学び舎は日常のありふれた教材となります。

 

omoi04

 

今回、調査を行ったきっかけによって学生たちに誇りを持って頂けたことは我々も大変うれしく思います。

今後も興味を持ったことについて徹底的に学び、将来その学びを活かせるように成長していって欲しいと心より願っております。

 

omoi05

敷石工事

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月15日(月)

再利用材の白河石を敷いていきます

2020 06 15 01

一部加工をして寸法を調整しながら配置

2020 06 15 02

カッターを四周に入れ、最後はクサビで割ります

2020 06 15 03

面取りを丁寧に仕上げ、分厚い石を寸法通りに加工する職人さんの技術に関心

2020 06 15 04

と思ったら会長でした

本職の方に怒られるかもしれませんが

2020 06 15 05

自ら身に付けた熟練した技術によって手作業で物を作りだすことを職業とする人を「職人」と総称するのであれば

あっと言う間に今日やることの「職人」になるこの姿は、やはり「熟練」のなせる技なのでしょうか

2020 06 15 06