メニュー

辺見設計|福島県白河市の建築工房「作楽」

BLOG

蜜蝋ワックスづくりと塗装

カテゴリ: スタッフブログ 作成日:2020年06月04日(木)

会長は長年にわたって、日本ミツバチを飼育し百花蜜の蜂蜜を毎年採取されています。

060501

日本ミツバチは重箱式の段に積み重なった木の箱で飼育され、複数の花の蜜を採取してくるそうです。

味は、花粉も多く含んでいるため、濃厚で熟成されたような、やわらかい酸味などが感じられる蜂蜜になるようです。

060503

 

060503

取り出した蜂の巣の写真です。

060505

 

060505

 蜜蝋は、ミツバチが巣を作る材料として、働き蜂の腹部にある分泌腺から分泌するロウのことです。

ろうそくやワックス、クレヨン、保湿効果があるためハンドクリームや化粧品、様々なところで使われています。

060506

今回会長が蜜蝋を加工し、木材の塗装に使う「蜜蝋ワックス」をつくってくださいました。

会長宅のダイニングテーブルは塗装済で、木のイキイキとした表情が伺えます。

 

実際の加工工程を見せてくださいました。

材料はアマニ油を用いています。アマニ油320gを惜しみなく蜜蝋に注ぎ溶かしていきます。蜜蝋の量は1.5倍の480g。

060507

蜜蝋を溶かしやすくするために細かく刻みます。

060508

 65°の温度を保ったまま湯煎に掛けます。

060509

完全に溶け合うまでひたすらに混ぜます。

湯煎のお湯は次第にぬるくなるので、調整し注ぎ足します。

060510

蜂蜜と見間違えるほどの黄金色です。

060511

缶や瓶につめ完成です。

 

「蜜蝋ワックス」をさっそく事務所に持ち帰って、木材にスタッフ全員で塗装します。

まず乾拭きし、表面の汚れやごみを落とします。

060514

ワックスをしみこませた布でなでるように表面を塗装していきます。

060514

最後は、乾いた布で油分をふき取ります。

060514

 

before/

060515

after/

060516

 表面のつや感が増しています。木材は自然素材で経年により表情が変化していきます。

その変化を楽しみつつメンテナンスして使い続けていくことでより愛着がわき、大事にしていくのですね。

060517

不思議なことに、世界の理なのでしょうか。

木や植物の蜜を運ぶハチから生まれた蜜蝋。

それを人間の手によって加工し、また手間をかけ木の表面に塗ると木は輝きを増します。

形は違えど、元に還る。循環していく。

 IMG 2793 2

 

建築を学ぶ上で大切な木の性質についての知識が増え、自然界における循環についてもハチさんから学ばせていただきました。