メニュー

辺見設計|福島県白河市の建築工房「作楽」

住宅

継承の家

100

作品名 継承の家
所在地 福島県白河市
敷地面積(㎡) 163.23
延床面積(㎡) 134.95
構造・規模 木造2階建て(蔵) 木造平屋建て(増築)
竣工年 2019.7
建築会社 白岩工務店
設備 薪ストーブ

FEATURES

前面道路(奥州街道)の大規模な拡幅による当初の建替計画は、蔵の持つ「見えない力」によって阻止されたのだろうか。

周辺の解体工事が進みまちの面影と記憶が無くなる最中で、大正時代に建てられた蔵を残すことを建主は決意した。

親から受け継いだ住まいとしての蔵の記憶、大正時代から建つまちの風景としての記憶。

解体して新築する容易さよりも、蔵が発信する記憶を未来へ継承することを選んだ。

それはまさに「蔵」という建築が伝える「見えない力」であると感じた。

残されていた赤瓦のなまこ壁を頼りに蔵としての姿を再生し、一部増築した居住スペースと内部で繋がる計画とした。

拡幅工事を経た綺麗で広い道路が完成する頃、その前に佇む蔵は「見えない力」でまちに何を伝えるだろうか。

 

GALLERY