メニュー

辺見美津男設計室|福島県白河市の建築工房「作楽」

住宅

家族でつくる家

家族でつくる家

作品名家族でつくる家
所在地福島県白河市
敷地面積(㎡)573.78
延床面積(㎡)79.05
構造・規模鉄筋/2階
竣工年2005
建築会社(有)鈴常工務店
設備蓄熱式床暖房・クラフトマンストーブ

FEATURES

1,000万円台のローコスト住宅

鮫川こどもセンターは、平成15年3月に廃校となった旧西野小学校校舎を活用し、幼保一体化施設に変更するため、「地域再生計画認定書(里山の食と農、自然を活かす地域再生計画)」の認定を受け、平成16年8月から整備し、平成17年3月に完成した施設です。

施設には保育園と幼稚園、子育て支援センターが整備され、平成17年4月から運営を開始。広々とした施設内では子ども達の元気な声が響き渡っています。箱型鉄筋コンクリートの2階建て施設は、木製テラスによってやわらかい施設として生まれ変わり、現在は幼稚園60人保育園120人として再生され活用されています。

CUSTOMER'S VOICE

Q.辺見設計室に依頼されたきっかけは?

A. 最初はハウスメーカーさんで良いと考えていました。しかし、本格的に家づくりに向けて動き始めると、色々と納得いかない話を聞くようになりました。そんな時に、知り合いの辺見間智子さん(美津男氏の奥様)に相談したことが始まりでした。そして、お会いして話してみると、家に対する私達の疑問に明快に応えていただき、こちらの厳しい要望にも柔軟に対応していただきました。その後は安心して設計依頼する流れになりました。

 

Q.住まわれてみて、どのように感じていますか?

A. 越してから4ヶ月間ですが日々発見があり、辺見設計室に頼んで良かったと納得しています。まず、家の特徴としては低コストでお願いしたので、部屋と部屋にほぼ間仕切りがありません。そのため、訪問者から「どのようにして生活しているのですか?」と尋ねられます。特に音問題を気にしている質問が多くありますが、自分たちの価値観を変えることで、どの部屋に居ても家族とつながっていると感じることができるようになりました。まだ子供が小さいので、どこに居ても安心ですし、早い時間に仕事へ出かける時も必ず「いってらっしゃい」が聞こえてきます。忙しい家族生活にとってとても重要なことです。
また、少ない建坪でも空間の広がりを感じ、圧迫感がありません。ワンルームなので、夏は心地よい風が通りぬけ、冬はペレットストーブで暖をとる事ができます。不安が無いわけではないですが、”住みこなす”ことがとても大切に思えております。

GALLERY

オンラインで画像ギャラリーを見る:
http://hemmi-sekkei.com/works/works2/302-2010-07-21-05-05-4#sigProId3e15306e9d